アルシーアル麻雀

 

アルシーアル麻雀

アルシ-アル麻雀は日本麻雀連盟のルールです。
アルシャルともいいます。

アルシーアル麻雀という名前の由来は、最低上がり符が22点から来ています。

中国語で、数字は1(イー)、2(アル)…8(パー)、9(チュウ)、10(シ)と発音します。
従って、22はアルシーアルと発音します。

現在、最も親しまれているリーチ麻雀の原型的なルールといわれています。

近年、ルールを少し手直し(符の切り上げ方)し、だれでも容易に競技できるようにしています。

ここでは、符の数え方、点数の数え方、点棒の持ち方、副落牌の手順、副露の仕方、捨牌の並べ方について説明しています。

符の数え方


・基本は20符です。

・門前(メンゼン)振り込みは、10符加符となります。

・自摸(ツモ)ると2符加符となります。
  但し、平和(ピンフ)形の場合は平和役は消え、自摸役がつくため10符減符となります。
  他家の振り込み、自摸和了りも同じ点数となります。

・雀頭の単騎待ちの場合
  ①自風、場風、三元牌は、雀頭2符、単騎2符の計4符となります。

  ②その他(①以外の)牌は、単騎2符となります。但し、自摸れば自摸2符をそれぞれ加符します。

・符一覧表

    中張牌 幺九牌 翻 牌
刻 子 明刻  2 符  4 符  4 符
  暗刻  4 符  8 符  8 符
槓 子 明槓  8 符 16 符 16 符
  暗槓 16 符 32 符 32 符
対 子 雀頭 なし なし  2 符


点数の数え方


例1 門前(メンゼン)、平和(ピンフ



①基本20符、門前10符、平和役1翻の栄和 ⇒ 荘家(親)360点、散家(子)240点

②上記で自摸和の場合、30符の自摸役1翻和り ⇒ 荘家(親)360点、散家(子)240点

自摸2符が加符されるが、自摸役1翻がつき、10符減符となるため同一点数となります。

例2 門前、断幺(タンヤオ)、平和(ピンフ)

 

①基本20符、門前10符、平和+断幺役の2翻の栄和 ⇒ 荘家(親)720点、散家(子)480点

②自摸和の場合、30符の断幺+自摸役の2翻和り ⇒ 荘家(親)720点、散家(子)480点

自摸2符が加符されるが、自摸役1翻がつき、10符減符となるため同一点数となります。

例3:門前、断幺(タンヤオ) 

 

●八萬(中張牌)を暗槓したケース

①八萬を暗槓:門前30符+暗槓16符=46符、切上げで50符の断幺役1翻の栄和
 ⇒ 荘家(親)600点、散家(子)400点

②自摸和の場合、40符の断幺+自摸役の2翻和り ⇒ 荘家(親)960点、散家(子)640点
 自摸役1翻がつき10符減符となり、40符、役2翻で点数計算します。

例4:門前、役なし 


①基本20符、門前10符、雀頭(中)2符、暗刻(一萬)8符の計40符の栄和
 ⇒ 荘家(親)240点、散家(子)160点

②自摸和の場合、40符の自摸役1翻和り ⇒ 荘家(親)480点、散家(子)320点

雀頭(中)2符、暗刻(一萬)8符、自摸2符が加符されるが、摸役1翻がつき、10符減符となり、40符、役1翻で点数計算します。

例5:副露(チー)した平和(ピンフ)


●二索を副露(チー)したケース

①基本20符、平和役1翻の栄和 ⇒ 荘家(親)240点、散家(子)160点

②自摸和の場合、30符和り ⇒ 荘家(親)180点、散家(子)120点

自摸2符が加符され30符なるが、平和役が消えるため最低の点数となります。

例6:副露(ポン)した場風、自風、三元牌


●場風・南(ナン)を対面より副露(ポン)したケース

①基本20符、場風・南4符の計24符、切り上げ30符の役1翻の栄和 ⇒ 荘家(親)360点、散家(子)240点

②自摸和の場合、自摸2符+場風・南4符の計26符、切り上げ30符の役1翻和り 
 ⇒ 荘家(親)360点、散家(子)240点

自摸2符が加符されるが、他に符がないため30符の役1翻での点数計算となります。

例7:明槓した場風、自風、三元牌

 

●發(ハツ)を下家より明槓(ミンカン)したケース

①基本20符、發・明槓16符の計36符、切り上げ40符の役1翻の栄和 ⇒ 荘家(親)480点、散家(子)320点

②自摸和の場合、基本20符+自摸2符+發・明槓16符の計38符、切り上げ40符の役1翻和り 
 ⇒ 荘家(親)480点、散家(子)320点

 自摸2符が加符されるが、他に符がないため40符の役1翻での点数計算となります。

例8:暗槓した一九牌、字牌(役なし)


●三萬を副露(チー)、九萬を暗槓(アンカン)したケース

①基本20符、九萬・暗槓32符の計52符、切り上げ60符の役なし栄和 
 ⇒ 荘家(親)360点、散家(子)240点

②自摸和の場合、基本20符+自摸2符+九萬・暗槓32符の計54符、切り上げ60符の役なし和り 
 ⇒ 荘家(親)360点、散家(子)240点

 自摸2符が加符されるが、他に符がないため40符の役1翻での点数計算となります。

例9:字牌(白)暗刻、辺張自摸 


●六筒を副露(チー)、白(ハク)が暗刻(アンコ)のケース

①基本20符、白・暗刻8符の計28符、切り上げ30符の役1翻栄和 ⇒ 荘家(親)360点、散家(子)240点

②七萬自摸和の場合、副露20符+自摸2符+辺張2符+白・暗刻8符の計32符、切り上げ40符の役1翻和り 
 ⇒ 荘家(親)480点、散家(子)320点

 七萬を辺張自摸と取ることができる。
 それによって符が増える。

 四萬自摸は自摸2符が加符されるだけですので、ジャスト30符で栄和と同じ点数となります。

例10:自風(北)暗刻、場風・東の雀頭待ち

 

●北・暗刻、三索をチー、場風・東の頭待ちのケース

①基本20符、北・暗刻8符+九筒8符、東・頭2符、東・単騎2符の計40符、ジャスト40符の役1翻栄和 
 ⇒ 北家(子)320点

②自摸和の場合、基本20符+北暗刻8符+九筒暗刻8符+自摸2符+東・雀頭2符+東・単騎2符の計42符、
 切り上げ50符の役1翻和り 
 ⇒ 北家(子)400点

 自風、場風、三元牌の頭単騎待ちは、自摸ると6符が加符され、得点が増えます。

点棒の持ち方

・競技開始前に原点(2000点)であることを確認します。

・点棒(チョウマ)は下表のように各競技者が持ちます。

点棒の種類 本数 点数
   300点 300点
   500点 1000点
   100点 600点
    10点 10 100点
19本 2000点

 

副落牌の手順

・ポン、チー、ミンカン(暗刻・明刻牌のカン)をした場合

1.ポン(チー、ミンカン)を明言し、鳴き牌をさらす。

2.不要牌を河に打牌する。

3.下家が自摸る。

4.その直後、副落牌(チー、ポン等)を取り、副露する。

5.下家は、それに引き続き不要牌を河に打牌する。

【ポイント】

 ポン(チー、ミンカン)と発声しても、直ぐに牌を取りに行きません。

 下家が壁牌より自摸り、手牌まで持って来るタイミングに合わせて副落牌(ポン、チー、ミンカンをした牌)を取ります。

 この動作手順は、競技の進行をスムーズにすること及び副落牌を直ぐに取りに行くことによるトラブルを避けるためにあります。

 例えば、下家の手とぶつかり山牌を崩したり、爪で下家の手を傷つけたりするのを防ぐ意もあります。

 是非、この動作手順をマナーとして身につけることが必要です。

副露の仕方

・暗 槓

 暗槓牌を4枚とも他家に見せ倒牌後、両端の牌を伏せる。


  →



・明 槓

 ①暗刻(アンコ)の牌が下家から出て、「カン」をした時

 


 ②暗刻(アンコ)の牌が対面から出て、「カン」をした時


③暗刻(アンコ)の牌が上家から出て、「カン」をした時


 ④対面よりポンした後、同じ牌を自摸り「カン」した時


⑤ポンした後、同じ牌を自摸り「カン」した時は、鳴かせた他家に合わせ副露する。

  (例えば、下家なら①、上家なら③と同様に副露する。)

・明刻(ミンコ) → 対子(トイツ)の牌を「ポン」すること

 ①対子(トイツ)の牌が上家から出て、「ポン」をした時



 ②対子(トイツ)の牌が対面から出て、「ポン」をした時



 ③対子(トイツ)の牌が下家から出て、「ポン」をした時



・チー(上家からのみ)


   不正な副露

    正式な副露



・副露した牌の並べ方

 副露した牌は自席の右端、下段より上段に順序よく整然と並べます。


(例)最初に「發」をポン、2番目に「七筒」をチー、3番目に「一索」をポンした場合

3番目

 
2番目 789


最 初




捨牌の並べ

不要牌を河に打牌するときは、6枚づつ整然と並べて捨てます。
以下、7枚目は2段目、13枚目は3段目という形で捨てていきます。


<打牌例>



1段目


打順 1    2     3     4     5      6

2段目


打順 7    8    9    10     11    12

3段目


打順 13  14    15     16   17

 ↓

打牌例の打順1は、第1打目の捨牌、打順2は第2打目の捨牌…を表し、
3列目第17打目の捨牌までで終局したことを意味しています。


競技麻雀サークル

様の麻雀牌画を使用させて戴いております。