綱領


 

日本麻雀連盟綱領

1.われわれの麻雀は、日本麻雀の正統である。
  われわれは、純粋な伝統の育成をねがう。

2.われわれの麻雀は、スポーツ麻雀である。
  われわれは、射幸的な因子を排除した明朗なゲームであることをねがう。

3.われわれの麻雀は、清興な競技である。
  われわれは、技、品の練達向上をねがう。

4.われわれの麻雀は、四人四風の競技である。
  われわれは、互いに競技上の責任と作無とを忠実に守ることをねがう。

5.われわれの麻雀は、健全な娯楽である。
  われわれは、日本麻雀の普及発達をねがう。

第1章.総 則

第1条  本連盟を日本麻雀連盟と称する。

第2条  本連盟は、綱領の実現を図ることを目的とする。

第3条  本連盟は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
     1.麻雀の愛好者の糾合、連絡ならびに緩和
     2.麻雀の普及発達のための研究と支援
     3.標準競技規程の制定
     4.段位の授与
     5.機関紙の発行
     6.その他必要な事業

第4条  本連盟は、総本部を東京都内に置く。

第2章.会 員

第5条  本連盟は、正統麻雀の愛好者をもって会員とする。
     会員は、入会金および年会費を納入する。

第6条  名誉会員は、本連盟に功績があった会員の中から総裁が推薦する。
     名誉会員は、終身とし、会費を免除される。

第7条  会員は、機関紙の配布その他連盟関係の通報を受ける。

第8条  会員は、選考により段位を授与される。
     段位は、初段から九段に至る九段制とする。

第9条  会員であって会費の納入を怠ったものは、会員の資格を停止される。

第10条 会員であって本連盟の名誉を損じ、もしくは会員として好ましくない行為のあった者は、段位を取り消され、
     または除名されることがある。

第3章.構 成

第11条 本連盟は、総本部を主体として、都道府県に本部および支部を置く。

第12条 総本部は、連盟のすべての事業を統轄する。

第13条 都道府県本部は、その所轄地域の業務を総本部から委任された範囲内において処理する。

第14条 十名以上の会員は、総本部または都道府県本部の承認を得て、支部を設けることができる。        

第4章.収 支

第15条 本連盟の機関を、評議委員会、理事会および特別委員会とする。

 第1節 評議員会

第16条 評議員会は、会員の意志を代表する議決機関である。
     評議員会は、会員を代表して、連盟の事業および予算・決算を審議決定する。
     評議員会は、総裁が召集し、その議長となる。
     評議員会の開催については、総裁の指示により理事長は、あらかじめその日時・場所および議案を評議員に
     通報しなければならない。
     評議員会は、毎年1回開催する。
     ただし、理事会の決定決定または評議員の三分の一以上の要求があるときは、臨時に開催しなければならない。
     評議員会は、定員の過半数(委任を含む)をもって成立し、議事は、その過半数をもって決し、
     可否同数のときは議長がこれを決する。
     評議員会は、召集によらず、文書による審議をもってこれに代えることができる。

 第2節 理事会

第17条 理事会は本連盟の執行機関とし、連盟のすべての業務の責めに任ずる。
     理事会は、その過半数(委任を含む)の出席をもって成立し、出席者の過半数をもって議事を決し、
     可否同数のときは、議長がこれを決する。

 第3節 特別委員会

第18条 競技規程審議委員会は、競技規程を研究審議しその成案を理事会に提出する。

第19条 段位選考委員会は、会員の段位を選考決定しその結果を理事会に報告する。

第20条 編集委員会は、機関紙等の企画編集方針を決定して理事会に報告する。

第21条 理事会の決定により、前3条以外の特別委員会を設けることができる。

 第4節 都道府県本部および支部の機関

第22条 都道府県本部および支部に幹事会を置く。
     幹事会は、その事業に関し総本部から委任された業務を遂行し、その責めに任ずる。

第5章.役 員

第23条 本連盟に以下の役員を置く。
     総 裁    1 名
     副総裁    若干名
     顧 問    若干名
     参 与    若干名
     評議員    若干名
     理事長    1 名
     理 事    若干名
     監 事    3名以内

第24条 総裁は、本連盟を代表し、その業務を総理する。

第25条 副総裁は、総裁を補佐し、総裁に事故あるときはこれを代行する。

第26条 総裁・副総裁は、評議員会で推戴する。

第27条 顧問は、斯界の長老および達識者の中から総裁がこれを委嘱し、その諮問に応ずる。

第28条 参与は、達識者の中から理事長がこれを委嘱し、その諮問に応ずる。

第29条 評議員は、以下の4とする。
     1.名誉会員
     2.都道府県本部長・支部長
     3.支部から選出されたもの(支部はその所属する会員50名につき1名の評議委員を選出することができる。)
     4.総裁が会員の中から委嘱したもの。

第30条 理事は、評議員の中から総裁が委嘱する。
     理事長は、理事の中から互選する。
     理事長は、理事会を代表し、総裁・副総裁に事故のあるときはこれを代行する。
     理事長は、理事の中から副理事長を選任することができる。

第31条 監事は、評議員の中から総裁が委嘱する。
     監事は、会計を監査する。

第32条 特別委員会の委員は、会員の中から理事長が委嘱する。

第33条 役員の任期は、2年とし、再選重任を妨げない。ただし、任期満了後も後任決定まではその任務を遂行する。
     役員の欠員補充者の任期は、前任者の残存期間とする。
     役員は無報酬とする。

第6章.会 計

第34条 本連盟は、次の諸収入により運営する。
     1.入会金
     2.年会費
     3.入昇段料
     4.寄付金その他

第35条 本連盟の入会金、年会費および入昇段料は、評議員会の議決によりこれを定める。

第36条 本連盟の会計年度は、1月1日から12月31日までとする。

第7章.規約改正

第37条 この規約の改正は、評議員会の議決による。

第8章.解 散

第38条 本連盟の解散は、評議員会の議決による。

付 則

この規約は、昭和41年4月1日から施行する。

昭和41会計年度に限り、昭和40年11月1日から施昭和41年12月31日までとする。